数字

我々営業は常に数字を意識して行動しておりますが、みなさんは平均と言うマジックをご存知ですか? 

例えば日本人の平均貯蓄額ですが、2人以上の世帯の平均が1209万円だそうです。(2015年度世論調査)これが平均というマジックです。

高額の貯金の世帯が多ければ平均額が上がる仕組みです。簡単な計算だと、100万円の貯蓄額の世帯が2軒、1000万円の世帯が1軒だと2200万円÷3軒で733万円が平均貯蓄額となります。平均て言うとみんながそれくらい貯金している感じがしますが実際には違うのです。

確率論も一緒です。例えば手術の成功率80%の外科医がいたとします。100人手術して80人成功すれば成功率80%ですが、逆に100人のうち20人も失敗する外科医ですと言われるとどうでしょうか?ちょっと考えてしまいます。

このように数字というものは表現の仕方で受けての印象が大きく変わります。顧客満足度95%以上などとTVやラジオで頻繁にやっていますがあれも一緒です。そこに契約している全顧客のアンケート結果なら信憑性がありますが、回答率数%の結果を分析して公表しているにすぎないのです。

しかし我々の増収目標はごまかしのきかない明確なものです。新年度となり目標にむかって一緒にがんばりましょう。

                                                        富士吉田支店 上田 和彦

数字