震災・災害に付いての備えについて

私、海川の第二の肩書きは「長野地方協力本部所属・予備3等陸曹」と言う肩書きがございます。
少し昔話になりますが阪神淡路震災時にたまたま某SNSにて罹災されたご家族皆様

「寒さに凍えておりとても大変な思いをしております」

との記述に目が止まりました。まだ1月でしたので当然ではありますが本当に大変な思いをしていた事は容易に理解出来ます。
そこで現職時代に培った「防寒対策の知恵」を、そのご家族にお伝えを致しました。
やがて月日は流れ東日本大震災が来ました。私は丁度その頃職務が現職へと変わったばかりでしたので災害派遣出頭命令が夕方には来ましたが
出頭することが出来ず、非常に心苦しい思いをしておりました。
まさにその当日の晩。私の所へ1通のメールが来ました。

「突然すみません。私の事を覚えていらっしゃいますでしょうか?」

え?誰だろう?

と思い内容を確認してみると…

 

「阪神淡路震災時にあなたから防寒対策の知恵を頂き家族皆、助けて頂いた者です。本来ならば知恵を頂いた私が次の罹災者皆様へ知恵を届けねばなりません。ですが、高齢でありその様な知恵も皆様に廻すだけの術もありません。大変恐縮で不躾なお願いと思いますが、今一度あなた様のお知恵を被災地皆様へ届けて頂けないでしょうか?どうかお願い致します。」

 

それはあの時のご婦人で、この様な内容でした。当時災害派遣に出頭出来ず非常に心苦しい思いをしておりましたが

「そうだ。まだ自分にも出来る事はある!」

と思い、Blogにそれを記載しツイッターに上げておきました。

暫くするとブログの通知が止まらなくなり、あれよあれよと言う間に1日の訪問者件数は5000件を超え2日で7000千件を超える勢いでした。

ですが、この時に熟々感じたのですが「事があってからでは間に合わない事が大半」なのですよね。「もっと日頃から皆様にご活用頂ける知恵を」と思いまして「本当に命を守るべく防災用品」のフリーペーパーを作成致しました。
やがて、その意思に賛同して頂いた方々に監修の御協力を頂きまして「新防災用品の知恵」が出来上がり、早数年が経過致しました。

そして今朝ほども大きな地震が福島県沖で発生しました。

皆様の転ばぬ先の知恵となる事を祈りつつ、こちらに記載しておこうと思いますので
お手数ですが印刷等をし、しっかりお読み頂けます事を切に願います。

ダウンロードはこちらから

%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e7%94%a8%e5%85%b727 %e9%9d%9e%e5%b8%b8%e7%94%a8%e5%85%b727%e8%a3%8f

 

 

監修頂きました皆様

元大阪府消防隊員   石橋様

元山岳レンジャー隊長 渡邊様

予備3等陸曹      中村様(婦人自衛官)


追記

先週末に年時出頭訓練5日間のうち3日間分を受けてまいりました。
現役隊員皆様方の足枷にならぬよう本年も

体力検定1級・1位(109点)

射撃検定1級・2位タイ(44点)
上記記録を残してまいりました。
民間との架け橋である予備自衛官としての海川も御支援を宜しくお願い致します。
 

 

海川徹也予備3等陸曹  敬具

震災・災害に付いての備えについて