つい先日まで…

夜は寒かったくらいでしたが。。。
もうすっかり春から夏へ変わろうとしています。

そして安曇野にはまた「素晴らしき夕暮れの季節」がやって来ます。
長野県民でも意外と知られていない安曇野特有の夕暮れ。
安曇野は佐久方面や長野市・諏訪辺りとは全く異なり「晴れていたら夕焼けになる」と言う事がありません。
3000m級の山を西に背負っておりますから「夕焼けになる前に太陽が沈んでしまう」からです。

従って上空の水分量が多くないと夕焼けにならないのです。
上空の水分量によって「焼ける」になりますから、当然一律な水分量ではありませんよね?
なので安曇野の夕焼けは「まばら焼け」をします。
そして焼けた時は一日たりと同じ夕焼けを見ることはありません。毎回異なります。

子供の頃はそんな事を気にもしませんでしたが、大きくなって

 

「この夕焼けは安曇野特有であり、同じような夕焼けを見られる場所は全国広しと言えど安曇野くらいしかないんだね!」

 

って事に気が付けた途端「この地に生まれて幸せだ!」と感じて居る海川なのでした。

 

Photo:松川村上空「田に映りし空の彩」
撮影:T.Umikawa

つい先日まで…
Tagged on: