宇宙を観る眼

春は野辺山を観に行き
夏は臼田の電波望遠鏡を観に行ってまいりました。

山の中に忽然と姿を現す電波望遠鏡。兎に角大きい!
電波望遠鏡って何を観測しているがかご存じですか?

ブラックホールから発生している電波であったり
可視光を出していない星間ガス等を観測しています。

そしてちょっと最近のマイブームが
「NASAのサイトで写真を観る事」
です。
何が楽しいかと言いますと変な都市伝説やオカルト話と違って
リアルに謎めいて考えさせられる写真が多くあるからです。
どうしてこの色彩なんだろう?なんでこんな空色に写っているんだろう?
う〜ん。おかしい。マイナス60度以上の世界で大気も殆どなく空気中に水分がないのならば
なんで火星の地面はこんなに赤色に染まっているんだろう。
これは何かある!きっと何かを隠しているに違いない!

なんて考えて居ると好奇心が働いてワクワクしてきますよね(笑)

実は物理&天文分野がお得意な海川なのですが
今年は夜の天候に全然恵まれず。もうどのくらい星の見えない夜が続いて居るのでしょうか?(涙)
本当は皆様に天の川でもと思っておりましたが、悪天候の為全く撮影出来ません。

そんなワケで今回は臼田町の電波望遠鏡とNASAの写真から垣間見る宇宙のロマン話しなのでした(^^)

宇宙を観る眼