収穫祭

先日、5年生の娘が学校の授業の一環で育てたお米の収穫祭に行ってきました。

私自身お米作りの経験はありませんが、田んぼの土作りから経験したようで、稲刈りまでの時間とても楽しみに待っていたのを

近くで見ていたので、この収穫祭は私自身もとても心待ちにしていました。

収穫祭当日、各クラスの「お米作りを経験して」というテーマでの発表を見た後、炊き立てのご飯と温かい豚汁を子供たちと一緒に食べてきました。

初めて自分達で作ったご飯を食べている子供達の笑顔がとても微笑ましく、いつも食べているご飯と比べ美味しく感じましたし、心まで温まりました。

 

子供たちの販売したお米はクラスごと思い思いの名前がつけられていました。

ちなみに、娘のクラスのお米は「食べるとう米」と命名されていました。

収穫祭